両替はどこがお得? カンボジア旅行

カンボジアの通貨はリエル。
ほとんどのところでアメリカドルが使えます。

1ドル=4000リエル強



両替のポイント
・日本で両替してくる。
・アメリカドルに両替する。
・1ドル札は多めに持つ。
・空港税25ドルを帰りのために用意しておく。


成田空港で、両替しようとしたら、空港の人が、「現地の両替が安い」と言っていたので、
とりあえず1万円分両替してみた。
1ドル札を多めに持って行きたかったけど、1度の両替で1ドル札にできるのは20枚まで

カンボジアについてから、シェムリアップの町にある両替所に行って両替すると、
空港より2円くらい高くなっていた。
その時、その時のレートにもよるだろうけれど、
ガイドさんいわく、日本で両替してきたほうが安いとのこと。

町や、空港の両替所で両替するのは、レートがいい方だそうです。
ホテルで両替すると高くつきます。
(今回のツアーのバスには両替は用意されてなかった。)

1ドル札は出番が多いので、たくさん用意した方がいいです。

ドルとカンボジアのお金リエルが使えるお店では、たいがい
4000リエルが1ドルという計算ですが、
店によっては、5000リエルで1ドルというように、リエルでの支払いが損な場合があります

どこのお店でもドルが使えたので、リエルに両替する必要はないでしょう。
両替しなくてもリエルは、買い物のお釣りで入ってきます。
両替所は、ホテルの近くにちょこちょこあります。
アクティビティーとかあるわけでもなく、
食事や、遺跡の観光券もツアーに含まれていたので、おみやげにお金を使うことくらいしかありませんでした。
物価が安いので、5、6日程度の旅行なら一人1万円もあれば余裕だと思いました。
帰りに空港税25ドルがかかるので、その分の両替も忘れずに。

photo by: epSos.de

この記事を読んだ人は、あわせて次の記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 両替はどこがお得? カンボジア旅行
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">